第14回拡大内視鏡研究会 テーマ:原理から見た拡大所見 会期:2017年9月16日(土) 会場:北海道経済センター(札幌商工会議所)8階「Aホール」 参加費:5,000円

当番世話人挨拶

拡大内視鏡研究会は発足以来14年を迎えます.今回は東京の雑踏を離れ,広大な北海道,札幌の地で開催致します.豊かな大自然の中で拡大内視鏡所見のベーシックについて学びたいと思います.テーマは『原理から見た拡大所見』です.私は常々内視鏡拡大像は単に組織所見と対応するだけでなく,組織・細胞の機能を反映していると思っています.例えば分化型の小さい胃癌が赤いのは,micro-vascular densityが未分化に比べ高くHb 含有量が多いからで,その背景にはVEGF等の血管新生因子が関与しているのです.我々の専門は形態学ではありますが,病変の機能的な背景を常に思い浮かべながら検査する事は重要です.各セッションの前にエキスパートの先生に『何故そのように見えるか』について講演いただきます.一般演題ではさらにそれを深めた討論ができればと思います.例年通り全消化管(咽頭から肛門まで)の症例を募集致します.奮ってご応募ください.また会員懇親会を企画しております.お時間のある先生はこちらのほうもご参加お願い致します.

当番世話人
遠藤 高夫
(札幌しらかば台病院 院長)

【事務局】
社会医療法人康和会 札幌しらかば台病院
〒062-0052 札幌市豊平区月寒東2条18-7-26
TEL:011-852-8866 FAX:011-859-5677
【運営事務局】
株式会社プランニングウィル
〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-5 石渡ビル6F
TEL:03-6801-8084 FAX:03-6801-8094 E-mail:kakudai14@pw-co.jp