第46回 日本創傷治癒学会 同時開催:第10回 東京大学アドバンスト創傷ケアセミナー 創傷治癒額のインテグレーション –より学際的に、より実践的に、よりグローバルに– 46th JSWH2016 会期:2016年12/9(金)・10(土) 会長:真田 弘美(東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 老年看護学/創傷看護学分野 教授) 会場:東京大学 伊藤国際学術研究センター/安田講堂

研究奨励賞

下記登録演題が「研究奨励賞講演」にて採択されましたのでお知らせいたします。

演題登録番号 演題名
10002 高齢に伴う活性酸素耐性能低下が創傷治癒に及ぼす影響
10013 マウス皮膚創傷治癒過程におけるCARD9を介したシグナル伝達の影響
10024 骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)による新規血管新生メカニズムの解明
10037 マウス下肢リンパ浮腫モデルにおける脂肪由来幹細胞と血管柄付きリンパ節移植の併用療法の効果
10040 骨格筋損傷において高気圧酸素治療は炎症細胞を抑制しマクロファージを誘導し、細胞増殖と筋再生を促進する。
10085 褥瘡発生予測のための分子マーカーに基づいた局所組織反応の検出による直接的皮膚アセスメント方法の開発
10100 自家脂肪由来幹細胞シート移植による消化管縫合不全予防
プログラム 研究奨励賞講演
日  時 12月9日(金)13:45~15:30

※以前本ページで公開しておりました研究奨励賞講演の時間が変更されておりますので
 ご留意ください。

会  場 第1会場(伊藤国際学術研究センター B2F 伊藤謝恩ホール)
座  長 百束 比古 先生(日本医科大学 形成外科・美容外科)
木山 輝郎 先生(朝霞台中央総合病院 外科)
発表時間 1演題:15分(発表12分+質疑3分)

演題応募方法 (既に募集は終了しました)

  • 応募資格は本学会会員(45歳以下)に限ります。
    日本創傷治癒学会入会のご案内
  • 演題登録画面より「主題演題」にご登録の上、「研究奨励賞に応募する」を選択してください。
    ※ポスター演題にご登録の場合は応募できません。
    上記の演題登録に加え、別途、下記の研究奨励賞のホームページより、日本創傷治癒学会事務局に申請が必要です。演題登録だけでは研究奨励賞の応募となりませんのでご注意ください。
    研究奨励賞ホームページ: http://www.jswh.com/syourei/syourei.html
  • 受付完了通知は、研究奨励賞への演題登録および申請受付を確認後、日本創傷治癒学会事務局より、受付完了通知が届きます。
    通知が届かない場合は、下記日本創傷治癒学会事務局にお問い合せください。
  • 選考の手順
    研究奨励賞申請者の中から事前に提出された抄録と申請書をもとに、本学会学術集会開催前に学会賞選考委員会においてまず数名の候補者が選考されます(一次審査)。一次審査通過者には学術集会時に特別枠での発表をしていただき、この発表を学会賞選考委員会が審査し最終受賞者(1~2名)を決定します。なお一次審査を通過しなかった方は通常の学会発表となります。

研究奨励賞に関するお問い合わせ先

日本創傷治癒学会事務局
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 慶應義塾大学医学部形成外科学教室内
TEL:03-3351-4774(平日10時~16時) FAX:03-3352-1054
E-mail:info@jswh.com
【事務局】
東京大学大学院医学系研究科 老年看護学/創傷看護学分野
実行委員長:仲上 豪二朗/事務局長:峰松 健夫
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
【運営事務局】
株式会社 プランニングウィル
〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-5 石渡ビル6F
TEL:03-6801-8084 FAX:03-6801-8094
E-mail:jswh2016@pw-co.jp