会頭挨拶

会頭 岡 明(東京大学医学部小児科)

第66回日本小児保健協会学術集会 
会頭岡 明 
(東京大学医学部小児科)

「これからの小児保健をみんなで創りましょう」

2019年の第66回日本小児保健協会学術集会は2019年6月20日木曜日から22日土曜日までの日程で、開催をさせていただきます。会場は東京都江戸川区のタワーホール船堀で、地下鉄船堀駅前に位置しており、東京駅からも交通の便の良い会場となっております。

小児保健協会の最大の強みは、子どもたちの健康を多職種で考えることができる点だと考えています。核家族化が進み、また地域コミュニティが脆弱化する中での子どもの育ちには、様々な課題がでてきています。また、現代社会の中で、新たな子どもの健康課題もでてきています。

それに対して、子どもたちの心身の健康を支える我々専門職の果たすべき役割がますます重要になってきております。医療、福祉、行政、保育、教育など、子どもの育ちに関わるすべての職種の方が、チームを組んで子育てを支援していくことが将来の日本のためにも必要です。

今回の学術集会では、いろいろな立場から参加される皆さんにとって意義のあるプログラムにしたいと考えております。チームワークを作り上げるためには、常に多職種間で情報を共有しあい、活発に議論をし続けることが大事です。この学術集会は我々がみんなで集まってその議論をする最適の場ですので、そうしたテーマを取り上げていきたいとおもいます。

ぜひ多数の皆様に御参加いただきます様にお願い申し上げます。

第66回日本小児保健協会学術集会