日本臨床疫学会 第1回年次学術大会 - The Society for Clinical Epidemiology The 1st Annual Meeting

大会長挨拶

  • 日本臨床疫学会 第1回年次学術大会
  • 大会長 康永 秀生
  • 東京大学大学院医学系研究科
  • 公共健康医学専攻臨床疫学・経済学 教授

この度、日本臨床疫学会第1回年次学術大会を、平成29年(2017年)9月30日(土)から10月1日(日)の日程で、東京大学本郷キャンパスにて開催させていただくことになりました。

日本臨床疫学会は、「臨床研究で医療を元気にする」というキャッチフレーズのもと、2016年12月に発足したばかりの新しい学会です。2016年12月18日に開催された発足記念講演会では、我々の予想を遥かに超える多くの方々にご参加いただき、大反響をいただきました。

本学会は、クリニカル・マインドとリサーチ・マインドを持つ医療者による質の高い研究を、医療ビッグデータを活用した研究などの振興と研究人材育成を通じて推進し、現在の医療が直面する諸課題の解決に貢献することをミッションに掲げております。本学会は、各臨床専門学会と連携し、あらゆる診療領域を対象として、わが国の臨床研究を牽引する次世代リーダーを育成します。

記念すべき第1回年次学術大会のテーマは「日本の臨床疫学-天地開闢」とさせていただきました。わが国の臨床疫学の黎明を告げ、世界に伍する臨床研究をわが国から爆発的に発信する狼煙を上げる、歴史的一歩となることを確信しております。

本学術大会が提供する内容は、既存の学会とは一線を画し、教育公演・研究実践ワークショップ・統計セミナーをはじめとする教育的なコンテンツが目白押しであります。参加者の臨床研究能力の向上を第一の目的とし、皆様の満足度の最大化を目標とします。

ご参加の皆様方にとって実りある2日間になるように、多くの企画をご用意しております。特別講演は、わが国の生物統計学の産みの親である大橋靖雄先生にお願いいたしました。教育講演は、わが国を代表する臨床研究者・疫学研究者に、統合研究、コクラン・レビュー、コホート研究、医療技術評価のホット・トピックをお話しいただきます。シンポジウムでは、医療ビッグデータ、観察研究の統計手法、個人情報保護、臨床学会との連携、産学連携をテーマに、活発な議論が期待されます。また、事前登録制による参加型の研究実践ワークショップおよび統計セミナー、ならびにランチョンセミナーもご用意しております。

是非、本学会での学びを通じて、臨床研究の実践能力を磨いてください。多数の皆様方のご参加を心よりお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。