養護教諭のための研修会

第23回日本摂食障害学会学術集会では、関連企画として11月3日(日)15時に下記の要領で、「養護教諭のための摂食障害ゲートキーパー研修会」を開催します。本研修会参加者は同日13時から開催される学術集会のシンポジウム「摂食障害の早期発見・早期援助の方法論とその課題」にも参加いただけます。皆様、ふるってご参加ください。

養護教諭のための摂食障害ゲートキーパー研修会
~「摂食障害に関する学校と医療のより良い連携のための対応指針」を利用して~

講 師     : 高宮 静男 (たかみやこころのクリニック)
西園マーハ文(明治学院大学)
中学校養護教諭
高等学校養護教諭
日 時     : 2019年11月3日(日)15時~17時(受付14:30~、開場14:50を予定)
会 場     : 国立精神・神経医療研究センター 研究所3号館1Fセミナールーム
(東京都小平市小川東町4-1-1)
受講対象者   : 養護教諭、スクールカウンセラー・教員・管理職
受講料     : 1,000 円
事前申し込み  : 不要(当日、直接会場の受付にお越しください)
会場は120名の定員を予定しています。
内 容     : 摂食障害の概説、「摂食障害に関する学校と医療のより良い連携のための対応指針」の解説、症例(事例)提示と実際の指針の適用について解説します。
本研修会参加者は、同日同会場で13時から行われる第23回日本摂食障害学会学術集会のシンポジウム「摂食障害の早期発見・早期援助の方法論とその課題」のみについては、無料でご参加いただけます。
シンポジウムに参加される場合は、12:30~13:00にセミナールーム前にて受付をお願いいたします。
第23回日本摂食障害学会学術集会の他の講演、シンポジウムへの参加には別途、学術集会への参加費が必要です。